FINAL0818.png

【期間限定】 暗号通貨ビットコイン大学が無料公開

金融

【期間限定】 暗号通貨ビットコイン大学が無料公開
  • 1DAY10MANEN1.jpg
1DAY10MANENwebセミナー.jpg

 世の中は目まぐるしく動いている。
 2017年は、暗号通貨元年と言われるだろう。
 そのくらい仮想通貨周辺は騒がしい。

 金融庁が仮想通貨を「貨幣」と認める法改正を行う。
 三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨の開発を進めている。円と交換できるようにして同行の利用客らに発行する構想もあると聞く。

 そろそろ我々一般人も真剣に暗号通貨を学んでおく時期だ。
 さらに暗号通貨を購入しても良いかもしれない。

 従って、
 いますぐ莫大な富を得たい方も
 暗号通貨の詐欺に騙されたくない方も
 ただ勉強したいだけの方も
「ビットコイン大学」
 必見だ。

 最近、日本でも、ソーシャルメディアプロデューサー松宮義仁氏開発の「NAGEZENI」、株式会社Sekinetせきねもんこと関根義光氏開発の「World Peace Coin」など注目すべきのコンセプトを掲げた、新しい暗号通貨が出てきている。
 詳しくは別の機会に解説する。

 なお、私には「ビットコイン大学」の紹介料は一切入りません。暗号通貨を学びたいという方に紹介したいという気持ちのみです。

仮想通貨のことわかってますか?

「これはヤバい!ヤバすぎる!時代が確実に大きく動く!」と
熱くなった人がごくわずか存在しました。

そのインターネット黎明期に匹敵するほどの、
時代を動かす脅威を感じさせるものが「仮想通貨」です。

出典 http://neofm.net

仮想通貨のイメージが悪い理由

1.少し前にあったマウントゴックス社の破綻の影響。

2.詐欺が多いこと。
 ちなみに、95%が詐欺ということは、5%は本物です。

3.「よくわからないものは怪しい」と考える日本人の特性。

 これら3つの理由を一言でまとめると、「ただの勉強不足」です。

 今はインターネット黎明期に感じた脅威と同じレベルでの脅威が、
まだ顕在化してきていない「暗号通貨黎明期」のタイミング。

出典 http://neofm.net

完全に通貨として定着したビットコイン

 アメリカ、ヨーロッパ、アジア諸国を中心にもはやスタンダードになりつつある暗号通貨。
 2015年10月22日にはEUの最高裁判所に当たるEU司法裁判所が
「ビットコインは商品ではなく、通貨として扱われるべきである」との判決を下している。

出典 http://neofm.net

講師は、あのミリオンセラー作家の泉忠司先生

 暗号通貨という日本人には難しく思えるテーマを「小学生でもわかるように紐解く」のは、
 著書55冊・累計350万部を超える日本を代表するミリオンセラー作家の泉忠司先生。
「リアルドラゴン桜」とも呼ばれる現役のカリスマ大学講師です。

出典 http://neofm.net

世界一わかりやすい仮想通貨の授業イントロダクション

池上彰さん 仮想通貨(ビットコイン)

参考図書  これでわかったビットコイン 生きのこる通貨の条件 / 斉藤賢爾/著

 欠陥通貨? それともイノベーション? 2013年後半から相場の急騰で注目を集め、大手取引所の破綻後もホットな開発の話題が続くビットコイン。その将来はどこに向かうのか。国の管理を超える大きな可能性から、その広がりが招く意外な陥穽まで、デジタル通貨の専門家が答える。

出典 http://hb.afl.rakuten.co.jp

仮想通貨オンラインセミナー

 より、実践的な講座では、株式会社プログレスマインド提供の有料オンンラインセミナー(1000円)があります。参考になると思います。

1
1DAY10MANENwebセミナー.jpg

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

FINAL0818.png

タグ

月別アーカイブ