ボーナス616.png

ソーシャルレンディングサービスとは何か?

金融

ソーシャルレンディングサービスとは何か?
  • マスターシステムgif.gif
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

画像出典先:http://language-study5.com/


「お金を借りたい事業者」と「投資をしたい個人・事業者」をインターネット上で結びつけるサービス。それがソーシャルレンディングサービス(別名:貸付型クラウドファンディング)だ。

 ちなみに、個人では投資することのできなかった大きい資金を必要とする案件へもソーシャルレンディングサービスを活用することで、参加することが可能となった。

 欧米から誕生した投資手法であり、現在急成長している市場のサービスである。
 マイナス金利時代の「新しい」「賢い」資産運用となる。
 また、株式投資やFX投資に比べてリスクが低く、安定した利回りが期待できる。
 金融機関を介さずに資金ニーズのある借り手に資金が提供されるため投資家へのリターンが大きい。
 毎月配当で安定したインカムゲインが得られる(老後の年金代わりの資産形成など)ようになる。

 メリット、ディメリットはあるが、これから利用したい投資手法だ。

ソーシャルレンディングのメリット

ソーシャルレンディングのメリットとして、最低1~10万円からと少額から募集プロジェクトに投資できることがあげられます。そのため貸し手は、様々なプロジェクトに分散投資することで貸し倒れリスクをある程度分散することができます。
そして、ソーシャルレンディングの融資先は、電力開発などの新規事業や不動産投資、ベンチャー企業、海外の個人向けの貸付など多岐に渡り、リスクの度合やプロジェクトの内容によりますが3~10%程度の高い目標利回りが設定されています。

出典 http://kakaku.com

ソーシャルレンディングの市場規模は?

日本におけるソーシャルレンディングは、市場規模こそ2014年度で推計約156億円(矢野経済研究所調べ)とまだまだですが、世界市場同様の高い市場占有率と伸び率を誇っています。
今後もさらに参入企業の増加が想定され、市場規模は一層拡大すると予測されます。

出典 http://kakaku.com

ソーシャルレンディングのリスク

高利回りだがリスクも!運営会社のホームページ等でしっかり確認を

ソーシャルレンディングは高利回りを期待できる商品ですが、資金を貸した事業者が返済できなくなる貸し倒れリスクがあります。もし返済できない場合、投資家が損失を負うことになります。
貸付型といってもリスクの内容は会社やプロジェクトごとにさまざまな内容となっていますので、投資したいプロジェクトにどのようなリスクがあるのか?それに対する担保の確保、為替リスクヘッジのような備えはあるのか?保証はついているのか?リスクに見合う期待利回りが設定されているのか?といった点をよく吟味しましょう。

ソーシャルレンディングで資産運用するのであれば、安心して運用を任せられる運営会社を選びましょう。

出典 http://kakaku.com

参考.『みんなのクレジット』のサービス概要

●セールスポイント

・会員増加率、預かり資産増加率で国内No.1の実績!(2016年6月~9月)
・業界最速で、成立ローン総額10億円超えを達成!!(2016年9月)

◆『みんなのクレジット』サービス概要

世界的に話題のソーシャルレンディングサービスです。
(貸付型のクラウドファンディングとも呼ばれています。)
これまで機関投資家や一部の富裕層しか情報の得られなかった、
高利回りの投資先の情報をインターネットを通じて個人投資家の
皆様にお届けし、気軽に投資が行えるプラットフォームを提供しています。

貸付先(投資先)は、「中小企業」や「不動産」などを中心に、
様々なテーマの事業会社やファンドに10万円から投資が可能。
年間利回りが最大14.5%という高い利回りを実現しながらも、
確実な不動産・動産担保を確保することで、資産保全性が
極めて高いのが特徴です。

●3つの特徴

1.目標利回り最大14.5%(年間利回り)
2.10万円からの少額投資が可能!
3.会員登録無料

●同業他社より優れているポイント

1.平均利回り(10%超え)が業界最高水準!
2.人工知能(AI)による与信審査システムを開発中!
3.最後発でありながら成長率No.1

出典 http://track.affiliate-b.com

10万円からの企業支援  

【公式】みんなのクレジットCM

ソーシャルレンディングはじめて講座 vol.1 “ソーシャルレンディングとは?”【クラウドクレジット】

ソーシャルレンディングはじめて講座 vol.2 “仕組みや資金の使い道について”【クラウドクレジット】

ソーシャルレンディングはじめて講座 vol.3 “ソーシャルレンディングの現在と未来”【クラウドクレジット】

内藤忍【資産デザイン研究所】&杉山智行【クラウドクレジット】『“Fintech” フィンテック 資産運用の新しいフロンティア』

  みんなのクレジット

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ボーナス616.png

タグ

月別アーカイブ