FINAL0818.png

瀬戸内寂聴さん「殺したがるばかども」発言で謝罪!

社会

瀬戸内寂聴さん「殺したがるばかども」発言で謝罪!
  • 1DAY10MANEN1.jpg
1DAY10MANENwebセミナー.jpg

言葉は難しい。
発信してしまったら、もう、前には戻れない。

死刑制度に対して、瀬戸内寂聴さんは、被害者を
「殺したがるばかども」発言をしたと言われる。
軽はずみの口上でもあった。

しかし、それを流す、日弁連もどうかしている。

死刑制度と被害者感情をしっかりと分けて
考えるべき機会にしなければならなかった。

寂聴さん、死刑巡る発言を謝罪

14日付の朝日新聞の朝刊に掲載された自らのエッセーの中で「お心を傷つけた方々には、心底お詫びします」と謝罪した。

 寂聴さんは「今も世界の趨勢に遅れ、死刑制度をつづけている我が国の政府に対して、人権擁護の立場から発した意見であった」とし、「これまでも私は文学者としても出家者としても被害者のために論じ、行動してきている」と釈明。

 その上で「誤解を招く言葉を94歳にもなった作家で出家者の身で、口にする大バカ者こそ、さっさと死ねばいい」ともつづっている。

出典 http://www.sankei.com

「バカは私」と題した文章。「今も世界の趨勢に遅れ、死刑制度をつづけている我が国の政府に対して、人権擁護の立場から発した意見であった」とし「バカども」は犯罪被害者を指すものではないと釈明した。

 しかし、SNS上で犯罪被害者をバカ呼ばわりしたととられ、炎上。「誤解を招く言葉を94歳にもなった作家で出家者の身で、口にする大バカ者こそ、さっさと死ねばいい。お心を傷つけた方々には、心底お詫びします」と謝罪した。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

”瀬戸内寂聴の暴言”で日弁連が『全面降伏に追い込まれる』大醜態を露呈。本人は謝罪しない模様

【高山正之×浅野久美】死刑廃止宣言の空虚さと日弁連のご都合主義 2016年10月12日

【話題速報】日弁連が謝罪…瀬戸内さん「殺したがるばかども」発言で「被害者への配慮なかった」

続いて、ツイッターから

1
1DAY10MANENwebセミナー.jpg

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

FINAL0818.png

タグ

月別アーカイブ